So-net無料ブログ作成

リース作り「補習編」>自分の着地点が見えていますか? [イベントレポート]

今日はvol.19で取材させていただいたgrandgete小川さんのお宅に伺うため府中へ。

先月末に、小川さんにお誘いいただいて参加した、オブジェ作家の石原理子先生のリース作りWS(その時の様子はこちら→)。
その日は私も小川さんも用事があって、WSを途中退席してしまったのですが、なんと石原先生のご好意でWSの「補習」をしていただけることに! 感涙です!
before.jpg
実は、昨日の夜は深夜まで週末の「みちくさ市」の値つけをしていて、頭がぼんやり気味だった私。
「せっかくだから、もっと完成度を上げましょう」とおっしゃってくださった、先生の言葉の意味がいまひとつ掴めないまま「補習」がスタートしました。

rico.jpg
小川邸のオブジェたち、とそれを見る石原先生。なんか同化してます^^

「ワークショップ」とは、最近のいわゆる「手芸ワークショップ」のようにキットの組み立てを楽しむものではなく、本来は、与えられた課題の中で、参加者同士や講師とのやりとりを通して、自分なりの表現方法や答えを見出していくもの、と石原先生。「お楽しみ」も悪くはないが、上澄みだけを味わうことばかりを繰り返し、中身が空っぽのままでいてはいけない。…と、のっけから厳しいご指摘。

きっと理子先生には、私や小川さんの今の課題が見えているんだろうな…。
それを伝えるために、わざわざ時間を作ってくださったに違いない。。。
じゃあ、私は何をして、足りない中身を満たしていけばいいのかな?

今、自分は人生の中のどの辺にいるのか、それを見るようにすると自然と足りないものが見えてくる。
メモを取れなかったのでうろ覚えですが、↑こんな言葉が印象に残りました。

そういえば、きゆな先生にも以前同じようなことを言われたなぁ。。。
今の瞬間うまくいかないことがあっても、今が自分が人生のどの辺にいるのかを考えれば、ひとつひとつの事象に一喜一憂する必要はない…みたいなこと。

点と点がつながるなぁ…。

IMG_0317.JPG
こちらが、先月のWS終了時のリース。
自分が普段作る作品って、「ニット」という手法だけで存在感がすごいから、常に引き算、引き算でデザインを考える癖がついている。「お花」つけたり「リンゴちゃん」をつけたりしなくても、伝えたい「感じ」が伝わるように…と。
今回のリースのように、どんどん上に「足して」いく作品って、どんなふうに組み立てればいいんだろう…。

素直にそれを質問してみたら、
「最終的にどういうゴールにしたいという着地点が見えているか?」と石原先生。

うーん、確かに。「ふんわり」した「生命の芽生え」的な作品にしたいと思ってスタートしたものの、作っているうちに「土台が埋まらない」とか「左上ばっかり目立つ」とかテクニック的なことが気になって、何をやりたいのか見失っていたかも…。

IMG_0093.JPG
…で、本日の完成作品。
結局、自分で何をしたいのかいまいち分からず、99%先生に作ってもらったリース(滝汗)
メリハリがついて、さらに良くなっちゃったじゃないの!(またも敗北感)

帰り道にいろいろ考えたけど、やっぱり私、リース作りについては「こうしたら、こうなる」みたいな「持ち駒」が圧倒的に少ない。ワイヤーをふんわり巻いてみせたり、シザル麻でボールを作って…みたいな「アイデアの引き出し」が全然ない。だから、着地点の具体的なイメージもうまく持てない(…ということなんじゃないか?)。

今日は展示会の経験も豊富な先生に、ハオのグループ展の図面を見てもらって、お客さまの動線や、什器の配置について、いろいろアドバイスもいただいたのですが(抜け目なく…^^;)。

…結局、何を言いたいかというと(汗)、「とにかくやってみるしかない!」ってこと^^;
リースのコラージュ方法も、展示会のレイアウトにも、いろんな方法論がある。
それを学びつつも、実際に自分でリースを作ってみること。展示会を開催すること。
そして自分に何が足りないのか? 自分の置かれている位置、レベルを知ること。
そして足りないものを補うこと。

なんでも、なんでも。それの繰り返しなのかもしれないな。

「ハオの着地点は?」

まだまだ考えることや、やることがいっぱいあることだけはハッキリわかるわ…(汗)

グループ展にも来てくださると石原先生。
開催まであと半月。
ハオの作家さんたちが真摯に取り組んだ作品をたくさんの人に見ていただきたいから、
頭と心を整理して、たくさん手を動かしてがんばります。

石原先生、小川さん、今日はありがとうございました。
(また石原先生にワンコイン3口分いただいてしまう、しっかり者のワタクシ^^;)

****************
m_IMG_9662.jpg
第27回鬼子母神通りみちくさ市に出店します>
11月16日(日) 11時〜16時
出店場所は3番「渡辺事務所横」です。
今年は海外の手芸古本充実で出店します。ハオ作家さんの試作品、はんぱ毛糸、素材もざくざく。ぜひ遊びにいらしてくださいね!

****************
<ハオvol.22の掲載作品の作品展を開催します!>
haowebinfo.jpg
ミニコミ誌『ハオ』作品展 2014
「小さな本の中の小さなギャラリー」
ニットを中心とした若手作家の作品を紹介するミニコミ誌『ハオ』が、誌面から飛び出し、東京都三鷹市のギャラリーで展覧会を開催します。8人の作家が「おひさま」をテーマに制作したウェアや小物をはじめ、最新号『ハオvol.22(10月発行)』の掲載作品を展示いたします。オリジナルの作品作りに興味がある方にぜひご覧いただきたい展覧会です。クリスマスプレゼントにぴったりな冬小物も販売いたします。

■日時
2014年12月1日(月)~7日(日)(火曜休み)
11時~22時(最終日17時まで)

●場所 
カフェハイファミリア
東京都三鷹市下連雀3-38-4三鷹産業プラザ1F
Tel/ 0422-38-8311
http://www.hi-famiglia.com/

●お問い合わせ
ハオ編集部
hao.since1999@gmail.com

****************
※vol.21は配布を終了いたしました。
※vol.21は、↓下記にて電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0