So-net無料ブログ作成

第一回 MHHの会 [ハオvol.26の活動]

ハオvol.26の参加作家募集テーマ発表の日が近づいてまいりました。

今日は稲村ヶ崎のきゆな先生のアトリエへ。
5月13日に開催予定の「オリジナル作品の作り方セミナー」の打ち合わせに行ってきました。
↑告知、募集は4月上旬に行います。興味のある方は予定を空けておいてくださいね^^

恒例の海へ。
IMG_3418.JPG
今年もハオの冊子が無事完成しますように! グループ展が成功しますように!
海の神様にお祈り。

実は、今年のハオの活動に関して、心に決めていることがあります。

それは参加作家さんとのコミュニケーションを増やすこと。

前号vol.25の活動を振り返ると、新規参加の作家さんが参加経験のある作家さんのお友だちだったり、参加作家親睦会や、フェイスブックグループを活用したり…などなど、去年は参加作家さん同士のコミュニケーション量が普段の号より多かったんです。
参加作家全員の温度差が少なく、目線が揃っていた。いろんなことが言いやすいし、みんなのフットワークも軽い。
年末のグループ展が大盛況で終わることができた理由のひとつは、ここにあると思いました。

そして、1月にハオの作家さんたちに声をかけて糸メーカーの展示会めぐりをしたこと(その時の記事はこちら→)。初参加の作家さんたちと一緒にランチしたり、他愛もないおしゃべりをたくさんできたのがとても楽しかった。その中でグループ展についての意見や、作家さんお一人お一人の活動についての思いもたくさん聞くことができました。


ミーティングではどうしても議題や事務連絡に追われてしまいます。
特に目的もなく集まって、おしゃべりする時間を持ちたい! 持とう!

…ということで、今年の私の活動の裏テーマ
名付けて
「MHHの会」!
「M(松村さんと)H(ハオのことを)H(話す)会」(笑)
「むははの会」ね。
作家さんとおしゃべりする中で、みんなの本音や意見、アイデアを聞き出そうとする、私の下心たっぷりの笑い声のようでもある^^;

早速、きゆな先生との打ち合わせにかこつけて、作家さんたちをお誘いしたところ
IMG_3421.JPG
5人の作家さんが来てくださいました〜[揺れるハート] きゆな先生からありがたいお話を拝聴しているところなので、皆さん顔が真面目ですが、笑い声の絶えない会になりました^^

IMG_3420.JPG
フィールドノートMan 竹内シェフにお願いしたランチ。甘夏の酸味がアクセント、春らしいちらし寿司^^


次号のテーマのことをはじめ、
「本当に編み物だけで食っていかなくてはいけないのか」問題、
「パターン集の編み図をアレンジした作品を販売していいのか」問題、
さらには「実は『○○パン』のパッケージの○○の絵は、きゆな先生が若い頃にバイトで描いたイラストだった」という仰天スクープまで(笑)

あんまり「ハオ」の話はしなかったけど^^; 、先生も一緒にぶっちゃけトークの3時間半。
正直、数万円の個人カウンセリングくらいの価値があったような。。。
グループ展が終わってからは、私自身の作家活動にもウジウジモヤモヤしていたところがあったので、きゆな先生はじめ、作家さんたちのお話に、たくさんの気づきと自覚、元気をもらえた会になりました。


「MHHの会」
…なんてネーミングは、誰にもカミングアウトしなかったけれど、また機会を見つけて参加作家の皆さまにお声をかけたいと思います。


そのうちに「MHHの会」に行きたくて、「ハオ」に参加してくれる作家さんが増えてくれるといいな。
…むはは


=============

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.24
http://p.booklog.jp/book/114611
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/
nice!(0)  コメント(0)