So-net無料ブログ作成

受け手のことを考えること [ものづくりの部屋から]

覚え書き。

=========

IMG_5408.JPG
日頃、いろんな方とメールや郵便物のやりとりをしています。

きゆな先生ともよくメールします。

時々、きゆな先生のメールに写真が添付されている。

紫陽花だったり
今朝作ったお弁当だったり
稲村ガ崎の海岸だったり…


最初は「あれ? 先生、なんか間違えちゃったのかなぁ…」と思ったけど(すみません!)、
何度かそういうことが続くうちに、どうやらこれは、メールの文面に挿絵代わりに入れているのだということに気がついた。

白いディスプレイの中に、ちょっと季節の香りを添えて送る。

粋だなぁ…と。


最近、お花を習っている石原先生とは、ラインで連絡を取り合っている(イマドキです^^)。
昨日も石原先生とラインしていたら、トークの最後にお花のアレンジの画像がついてきた。
可憐だったり、縦長のインパクトのあるアレンジだったり、ちょっとメッセージ性のある画像。


あぁ…、これはきゆな先生の「アレ」だ!
点と点がちょっと線につながった。


そういえば、こんなことも…と思い出す。

以前、夢民舎仲間でもあるビーズ作家のSakula embroideryさんからお手紙をいただいた時、封を開けると、お手紙と一緒にバラの花びらのポプリが数枚こぼれ出てきた。
バラの香りがほんのり広がって…。


素敵な人は、メッセージを受け取る人のことを考えている。


手紙、メール、SNS…。
私たちの作る作品だってそうだと思う。
ひとりよがりにならず、受け取る人のことを考えたい。


昨日、手芸教室の保護者の方から、かわいい和菓子をいただいた(どうぞお気遣いなく!)。
「七夕なので、折り紙で作ってみました^^」
包みの中を見ると、小さな折り紙の星がひとつ。
保護者の方とは、送迎のときにご挨拶するくらいなのに、思いついて、星を作ってくださった気持ちがうれしい。
よく見ると、和菓子の包みに描かれた短冊の色と、星の折り紙の色がおそろいになっている。


なんかいいな。
そう思った、七夕の夜。


覚え書きなので、うまくまとまってなくてごめんなさい。
あと、カメラマンTくん、誕生日おめでとう(ここで言うか^^;)!


=============

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.24
http://p.booklog.jp/book/114611
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0