So-net無料ブログ作成

ステップアップへの「目標」と「意識」 [ハオvol.23の活動]

五郎丸選手のおかげで「ルーティーン」という言葉が注目を浴びましたが、「ハオ」の活動は「ルーティーン」化したくないものです。

ハオの会計報告はとっくにできていて、もう参加作家の皆さんに送れる状況。
vol.23は順調によい場所に配布でき、2度目のグループ展も黒字会計。佐藤かなさんのニット本も重版がかかり好調。さらに今年もニット本のお話をいただけて…。フリーペーパーにした効果が、徐々に具体的な形になって表れるようになった2015年でありました。

順調すぎ。

…そう思いつつも、じゃあ次はどこに向かうべきなのか。 
気分は、加野銀行を創立した後の白岡あさ状態(朝ドラがもうすぐ最終回ですね。寂しい;笑)。まぁ、この時期はいつもこうしてモヤモヤと悩んでいる私です。

今日はそんな中、先日、指吸さんの個展に伺った「ギャラリーパレット」さんへ。
手芸に関わるお客さまが、たくさん訪れるギャラリーに、何としても『ハオ』を置いていただきたい! 「10冊くらい置いてください!」とお願いし、しれっと20冊持って出かけた私でした^^;

IMG_2064.JPG
今日は展示の谷間でギャラリーはお休み。ギャラリーの前はひっそりしています。
「ギャラリーパレット」のオーナーは、元 日本ヴォーグ社の有名編集者、秋間さん。
展示もお休みなのに、二人だけでお会いして話が持つだろうか(ちょっと怖い)…と、かなりドキドキの訪問となりました。

そんな脳内完全丸腰で伺ってしまった私に、秋間さんは、温かいコーヒーを入れてくださり、間も無くオープン一周年を迎えようとしている「ギャラリーパレット」のお話をたくさん聞かせてくださいました。
IMG_2065.JPG
1年間に開催された展示のDMたち。「最近のが見当たらないわ」と秋間さんが奥に探しに行かれている間にパチリ。

「『ハオ』も一昨年からギャラリーで展示をやっているんです」

その一言から、話は「ギャラリーパレット」で「ハオ」の展示ができるか?という展開になっていきました。

「昨年のグループ展では、6日間で◯万円の売り上げだったんですが…」
「あ、それは少ないですね。ここでやるなら1日×万円(←ハオ展の3日分)はないと^^」

「売り上げ」という言葉は誤解されやすいし、『ハオ』のグループ展は「売ること」を目的としたものではありません。でも、ひとつの目安として「このくらい売り上げる展示をしたい」という「目標」を持つこと、その「目標」を達成するための展示のプランを練ること。自分たちの腕を磨くこと。
目標があって、プランがあるなんて、考えてみれば当たり前のことなのに、これまでは「初めて(2回目)の展示をつつがなく終えること」が第一優先で、そこまで私は考えが及んでいなかった。
いや売り上げ目標はこれまでも決めていたけれど、それはあくまでギャラリー代をペイするためのもの。「ハオ展」を最低限ルーティーン化させるためのものだった。秋間さんの言われる「売り上げ目標」はいわば展示の「格」のようなものなのかな。展示をステップアップさせるための目に見える指標というべきか…。

「『このへんでいいわ』と思うと、いつも『このへん』で留まってしまうわよ。継続することは素晴らしいけれど、ステップアップした継続にしていかないと」と秋間さん。

意識を高く持つこと。私も参加する作家さんも。
そのためにはどうしたら…?

気づいたら、手帳にメモを取る手がとまらなくて、あっという間に2時間!
作品が見られないのは残念だったけど、展示がお休みの時で本当にラッキーでした。

今年の活動に向けて、大いなるヒントをいただけた2時間。
秋間さん、お休みのところ貴重なお時間をありがとうございました。

「ギャラリーパレット」の次の展示は、4月18日より円座佳代さんのキルト展が開催されます。『ハオ』もたっぷり置いてありますので、ぜひ会場でお持ちくださいね。

次号、vol.24のテーマは今月末に発表の予定です。
今日いただいたヒントも含め、月末までもう少し頭を整理したいと思います。

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0