So-net無料ブログ作成

vol.21 掲載作品より(前川 陽子さん) [作家紹介]

「オリジナル作品の作り方セミナー」が週末に迫ってきました。時間内にワークが終わるかしら…?と、自分で試作をしてみたり、きゆな先生と電話で相談したり…。
「詰め込みすぎないことよ」。きゆな先生に言われたものの、「これもお伝えしたい」「あれも…」と、つい欲張りたくなってしまいます。

…ところで1dayセミナーの会場の、きゆな先生のアトリエ「フィールドノート」。踏切のない線路をまたいで渡る江の電沿線独特の立地にあるのですが、3月末に線路を渡る通路が通行止めになってしまいました(こちらの鎌倉市議会議員さんのブログに経緯と写真が出ております→
参加者の皆さんには、メールで迂回路をご案内させていただきましたが、私も初めて通る道で(汗) ご迷惑をおかけいたしますが、迷われたら、すぐにご連絡いただけると幸いです。
=============

さて参加作家募集中の『ハオ』vol.22。
『ハオ』はニット、ソーイング、クラフトなどの分野でオリジナル作品を作られる方なら、どなたでも参加できる誌上ギャラリーです。
あなたも作品を発表してみませんか? 参加者募集締め切りも6月1日と迫ってまいりました。
「どんな作品が掲載されているの?」「参加している作家さんはどんな人?」
そんな声におこたえできたら…と、前号vol.21にご参加いただいた作家さんの作品を、おひとりずつ順番にご紹介しています。

『ハオ』vol.22参加作家募集中。詳しくはこちらをご覧ください→
発行中の『ハオ』vol.21はこちらから試し読みできます→
**********************

本日ご紹介するのは、ニット作家の前川陽子さん(ホームページはコチラから→)。
「ハオ」へは創刊当時からずっと参加いただいている、もの作りの同士でもあります^^

「ハオ」では毎号共通のテーマで作品を作って発表する「誌上ギャラリー」のコーナーと、参加作家個人でテーマを決めて連載形式で作品を紹介する「小さな展示室」のコーナーがあります(初参加の方は、まずは「誌上ギャラリー」にご参加いただいています)。

音楽がとても好きな前川さん。以前から、好きなミュージシャンの曲にインスピレーションを受けてのニット作品づくりに取り組まれており、昨年より、ハオ誌上で連載形式で作品を発表してくださることになりました。

連載タイトルは「Knit a Music」
maekawa1.jpg
作品タイトル
アナログな彼女
彼女は言う。デジタルな世界なんて信じない。匂いも手触りもないなんて。
デジタル信号が再生する、三十年前に死んだ男の歌声に涙する僕を横目に。
水と油な僕らは、彼女の思いと僕の過ち、アナログもデジタルもすべて溶かしてスープを作る。
温かいそれを一緒に食べる。
そして一緒に笑う。今日も明日も変わらずに。
(hao vol.21より)

作品には曲からイメージした文章も添えて。さて、何の曲からイメージした作品かお分かりになったでしょうか? 答えはハオvol.21誌面をご覧くださいね^^

maekawa3.jpg
誌面には作家さんの思いの詰まった作品を、できるだけ大きく、たくさん載せたい。しかし、作品のイメージを効果的に伝えるには、ぐっと引き算をした方がよいことも…。制作段階から作家さんのお話をお聞きしているだけに、撮影現場ではいつも心で葛藤です。
事前の打ち合わせでは、作品の全身写真と、後ろ姿などの編み地のアップが見える写真の2パターンを撮影予定だったのですが、実際に撮影し、誌面のイメージを想像してみると…、もう少しスパイスが欲しい。。。

maekawa.jpg
作品に合わせるために、コードのような糸で作ってくださったコサージュが目にとまり、ポンと砂利を敷いた地面に置いてみると、お日さまの光と影の中ですごくステキに見えて…。急きょ、カメラマンさんに撮影をお願いしました。
誌面に掲載できるのは2カットだけ。出来上がった写真を作家さんにも見てもらって相談し、思い切ってニット作品は一番上の全身写真のみ。もう1カットはコサージュの写真をセレクトしました。
ブログで後ろ姿の写真もお見せできてよかった…^^

前川さんに「ハオ」での作品づくりについてコメントをいただきましたので、ご紹介します。
=============
「ハオに参加している理由」
1年にひとつ位は誰のためとか何のためとか考えず、ただ自由にニットで表現することだけを考えた作品を作りたい。そのモチベーションとして「ハオに参加するぞ!」という目標(と締切(笑))があることで長く続けて作品を作り続けてこられたし、今後も参加したいと思ってます。

「ハオに参加してよかったこと」
ニットに関わる世界が広がったこと。ニット作家さんや他の作家さん達と知り合えたり、ギャラリーや展示会他情報が得られたり、展示会に参加してみたいとか、知り合いにもっと作品を見てもらおうという意欲が出たり。個人的にニットを作っているだけではこんな風にニットをめぐる世界が広がらなかったと思います。

「これからハオでやってみたいこと」
去年から新たに始めた個人連載ページでのニットと音楽とイメージワードの融合という挑戦をこれからも続けて、よりニットでの自由な表現の可能性にトライしたいです。あと、ハオの作家さん達との交流をもっと多彩に楽しく色んなことをみなさんと出来たら嬉しい。
=============

「ハオ」では、毎号テーマに合わせた作品を募集しています。
作品はカメラマンが撮影。作品をいい形で記録に残すことができ、ご自身のPR等にご利用いただけます。また、冊子は1000部印刷し、関東を中心に手芸店やギャラリー、カフェなどに設置。たくさんの方にあなたの作品を見ていただけます。手芸メーカーや、出版社、編集者の方にも献本していますので、お仕事のお声がかかることもあります^^
今年は、ギャラリーでの展覧会も企画中。
オリジナルの作品づくりの豊かさ、楽しさを、もっともっと多くの方と共有したいと思っています。

あなたも『ハオ』で作品を発表してみませんか?
『ハオ』vol.22参加作家募集中。詳しくはこちらをご覧ください→
発行中の『ハオ』vol.21はこちらから試し読みできます→
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

前川陽子

紹介していただき、ありがとうございます。 改めてこうやって載せてもらえると嬉しいと同時にちょっと気恥ずかしいですけども^^
 ハオに参加する醍醐味は、何といっても今まで作ってこなかったような新たな作品を作ることが出来るように(ちょっとずつ)なって、あれ私、こんなものを作りたかったんだ!とか、こんな作品が出来るんだ!という新たな発見が必ず出来ることです。それと他の方の色んな作品を見て、目からうろこ!ということも。 ぜひ、色んなモノ作りをされている方に参加して欲しいです。
by 前川陽子 (2014-05-13 21:36) 

hao

hyokoさん
コメントへのお返事、遅くなって失礼いたしました!
今回、皆さまの声を紹介させていただいて、改めて作家さんの「ハオ」へのお気持ちをお聞かせいただき、こちらも気を引き締めています。
次号もよい号にしなくては!
引き続き、よろしくお願いいたします。
by hao (2014-06-09 05:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0